アコムで断られたけど借りれる【アコム審査落ち】審査の甘い金融なら借りれる☆

アコムで断られたけど借りれる。大手消費者金融会社の審査に通らなかった方、ブラックな方でも融資ができる金融機関として、甘い審査でキャッシングを提供。利用者の人のカードローン等の過去の事故情報、信用情報の共有もしておらず、利用開始、増枠審査、利用限度額いっぱいまで活用も可能です。

アコムで審査落ちの原因は過去の金融事故かも?

2017年08月05日 13時53分

「金融事故歴があったらアコムからは借入できないの?」「過去に債務整理をしたが、アコムで借り入れできるだろうか?」。
この回答としては「審査落ちになる可能性が高い」といえるでしょう。
では、具体的に金融事故とはどのようなケースを指すのでしょうか。

アコムで借入をしようとする場合、金融事故があると審査落ちになる可能性は非常に高いといえます。
その金融事故には、どのようなものが該当するのかというと「長期延滞」「債務整理」「強制解約」「代位弁済」「協会停止」などが当たります。

「長期延滞」とは2~3ヶ月以上の延滞のこと。
ただし、1日支払いが遅れたなどの延滞は長期延滞には該当しません。
この場合のアコムからの借入は困難ですが、既に延滞が終了し、借入も完済しているのであれば、可能性は十分にあります。
現在の延滞状況をチェックするといいでしょう。

「債務整理」とは法的手続きを使用して借金を整理することで、自己破産や任意整理などがこれに該当します。
債務整理歴があると、この記録は1年~10年近く信用情報上に残るといわれています。

「強制解約」とは、例えばアコムなど金融機関から一方的に契約を解約されることを指します。
長期の延滞や規約違反などを行った場合に起こりうるケースです。
例えばアコムでこの経験がある場合は、審査落ちになる可能性はとても高いと言われています。

「代位弁済」とは、返済ができなくなった利用者の代わりに保証会社が支払いするケースです。
この場合も審査落ちになることがあります。

「協会停止」とは、信用情報機関に対して借入できないようにして欲しい旨を申告すると、その記録が残ることです。
本人のみ申告・解除ができます。この申告を行っていると、当然審査落ちになります。

アコムで審査落ちになるような金融事故には上記のようなものがあります。
金融事故以外にも審査落ちになる理由はあります。

金融事故でもお金を借りたいのであれば、中小消費者金融を使用するというのも一つの方法です。
中には債務整理歴があっても、審査ができるところもあるそうです。