アコムで断られたけど借りれる【アコム審査落ち】審査の甘い金融なら借りれる☆

アコムで断られたけど借りれる。大手消費者金融会社の審査に通らなかった方、ブラックな方でも融資ができる金融機関として、甘い審査でキャッシングを提供。利用者の人のカードローン等の過去の事故情報、信用情報の共有もしておらず、利用開始、増枠審査、利用限度額いっぱいまで活用も可能です。

金融事故はアコムで審査落ちする?

2017年05月10日 10時18分

キャッシングやカードローン会社に申し込みをすると、個人信用情報機関のデータベースに確認されます。
個人信用情報機関は申し込み者のデータに関してのみ閲覧できるもので、その人のクレジットカードやキャッシングなどの利用状況が記録されています。

日本に信用情報機関は現在3カ所あり、アコムはJICC(日本信用情報機構)とCIC(シー・アイ・シー)に加盟していますので、この2カ所で記録の確認が行われます。
ちなみに残りの1社は、KSC(全国銀行個人信用情報センター)というところです。

アコムなどの消費者金融会社が個人信用情報機関のデータベースで確認している内容は、金融事故がないかということです。
金融事故とは、長期延滞や強制解約、債務整理、協会停止、代位弁済です。
それぞれの金融事故の種類によって、最長で1~10年はデータベースから情報が抹消されなくなります。

長期延滞というのは、決して1日や2日程度返済日を過ぎてしまったからといってすぐデータに載せられてしまうというわけではなく、2~3ヶ月を超えるくらいのケースです。
長期延滞は個人信用情報機関に載っていたからといって、すぐに審査落ちとは限りません。
すでに返済が終わっているなら、アコムの審査では問題ないと判断される可能性があります。
返済が完了していれば、そのことが個人信用情報機関のデータに付け加えられます。

強制解約の意味は、会員だったキャッシングやカードローンで業者サイドから契約を解除されることです。
そんなことをされるなんて、これから申し込みをするカードローン会社などに不信感を持たれるかもしれませんが、強制解約は契約違反や長期延滞などをした場合にしか行われません。

債務整理とは任意整理や破産などの総称で、借入を法律的に整理する手続きです。
協会停止はご本人の意思のみでできる取り決めで、「借金を自分がしないようにしてください」とお願いできるものです。
必要がなくなれば、ご本人の意思で協会停止をやめることができます。
代位弁済は、保証会社などが返済不能になったご本人になり代わって返済をすることです。

もしアコムにキャッシングの申し込みをしたのに審査落ちして利用できないという場合、これらの情報が載っている可能性の有無を振り返ってみてください。
手を打てることがあれば、そこから片付けていきましょう。