アコムで断られたけど借りれる【アコム審査落ち】審査の甘い金融なら借りれる☆

アコムで断られたけど借りれる。大手消費者金融会社の審査に通らなかった方、ブラックな方でも融資ができる金融機関として、甘い審査でキャッシングを提供。利用者の人のカードローン等の過去の事故情報、信用情報の共有もしておらず、利用開始、増枠審査、利用限度額いっぱいまで活用も可能です。

金融事故を回避する情報?代位弁済は避けたい方へ

2017年03月28日 15時03分

金融事故の情報は10年で消えると言われています

正式には記録はありますが、そこは閲覧しない、問題にしないということです。
このような対応は、キャッシング利用者、カードローン会社、銀行カードローンなどでも同じだと言われています。
消滅した金融事故の情報で、再び申込ができるようになるのですが、アコムの金融事故の場合は、もうアコムでは半永久的に追放の形をとっています。
ですから、アコムでの借入ができないのです。
延滞や滞納程度ですと良いのですが、その他の金融事故に関しては、受け付けないとされています。
ここは注意したほうが良いでしょう。

大手消費者金融はアコムだけではないので、同等の内容の消費者金融に申込をしてみてください。
また、日本には消費者金融と言っても中小消費者金融もあります。
金融事故に対して審査が甘くなっている中小消費者金融の場合、アコム審査落ち直後の申込に対しても柔軟に対応をすると言います。
ただし、ここでも延滞している場合は却下であり、とりあえず延滞は解消してからの申込は絶対です。
10年前の債務整理などのときは、大手消費者金融での申込も可能です。

アコムを始め大手消費者金融では、無利息キャッシングができたり、ネームバリューもあり、コンビニなどでも気軽の借入ができます。
CMをやっているという安心感も多いのですが、どうしてもアコムにこだわりたい方は、金融事故にはくれぐれも注意しなければ、そのごの利用ができなくなってしまうというリスクが大きいでしょう。

代位弁済の時に、親の支払いで審査落ちとあります。
この時、それを知られることなく自分で返済をしたように行うことで、再びアコムの申込ができる特別な場合があります。
代位弁済になってしまうのは滞納をしている時ですが、アコムでは滞納者に対しては、完済記録があることで、審査対象になることがあります。
それでも長期間滞納は除外ですが、数ヶ月の滞納後、親や保証会社ではなく、本人が返済しましたという形(要はごまかす)になって、それがアコムに知られないということです。

ごまかすと言えば言い方は悪いですが、形としては代位弁済として親などから資金提供があったとしても、本人が払うことで、アコムと縁が切れる事はないのです。
そうしてでもアコムとつながっていたい、というか、ここで本人が支払う形にすると代位弁済で個人信用情報機関にも報告が行かないことになり、他の大手消費者金融の審査にも有利なことは確かです。